ヘア リコンディショナー シンタ PPT CK400

Reconditioner

ヘアカラーやパーマなどで損傷した毛髪の修復に
ハリ、コシ、へたった髪のボリュームトリートメント

パーマやカラーなどにより傷んだ髪を補修するスペシャルケアトリートメント。
高濃度のコラーゲンPPTとケラチンPPTが毛髪内部まで浸透してダメージを補修、
同時に毛髪表面をコートして保護します。

ヘアカラーやパーマなどで損傷した毛髪の修復に

ヘアカラーやパーマなどで損傷した毛髪に高濃度の特殊タンパクを補給し、毛髪に確実に浸透、吸着させ、健康な状態を回復させます。

ケラチンPPTの配合

従来のコラーゲンPPTに加えて、高濃度のケラチンPPTを配合することにより、損傷の補修力はもとより使用感も一層改善させました。

毛髪の損傷状態に適した大小異なる分子量のPPTを配合

シンタPPTは、小さな分子量と大きな分子量のコラーゲン(牛)PPTとケラチン(羊毛)PPTを分子量400から4000の高い比率で配合。この異なった分子量の配合により、損傷度合いの高い毛髪にも対応することができ、毛髪の空洞内部だけではなく、毛髪表面も補修することが可能になりました。

毛髪のアシッドバランスを弱酸性にキープ(バッファー効果)

シンタPPTは優れた「バッファー効果」で残留アルカリ中和し、毛髪の健康を回復してウェーブダウンや褪色を防ぎます。毛表面、毛皮質、頭皮のアシッドバランス(pH4.5-5.5)等電帯、バッファー効果を整え、ハリ・コシ・ツヤのある最も健康な状態を保持します。

PPT APPLICATION METHODS

カラーCOLOR

  1. 毛髪診断
  2. シャンプー
  3. カラー剤塗布・プロセスタイム
  4. シャンプー
  5. PPT処理
    タオルドライ後、PPT原液30ccを毛髪全体に塗布し、40度以下で5~10分間加温または自然放置します。 高濃度のコラーゲンPPTとケラチンPPTが、保温・柔軟性・強度を高め、アルカリに傾いた毛髪を中和してアシッドバランスを整えます。 大小異なった分子量のPPTが毛髪を修復して、カラーの褪色を防ぎ、色 艶の持続性を高めます。
  6. プレーンリンス
  7. ホームケア

パーマPERM

  1. 毛髪診断
  2. シャンプー
  3. ワインディング
  4. 1液塗布
  5. PPT処理
    タオルドライ後、PPTをロッドの上から全体に塗布し、直ぐに2液処理してください。膨潤・軟化した毛髪内部に高濃度のコラーゲンPPTとケラチンPPTが浸透吸着。優れたバッファー効果でアシッドバランスを整え、2液の酸化作用をサポートします。ハリ・コシのある美しい均一なウェーブ形成には不可欠です。
  6. 2液塗布
  7. ロッドオフ
  8. プレーンリンス
  9. リコンディショニング
    毛髪の損傷度合いにより、PPTの原液または薄め液(2~3倍)を全体に塗布し、40度以下で5~10分加温、ウェーブを強く引っ張ったりせずに、ウェーブを押し戻した状態で加温してください。
  10. プレーンリンス

ストレートパーマSTRAIGHT PERM

  1. 毛髪診断
  2. シャンプー
  3. 1液塗布
  4. PPT処理
    タオルドライ後、PPTの5倍液を全体に塗布し、直ぐにネープより広がらないようにドライヤーで乾かします。
  5. アイロン操作
  6. 2液塗布
  7. プレーンリンス
  8. リコンディショニング
    毛髪の損傷度合により、PPTの原液または薄め液(2~3倍)を全体に塗布し、40度以下で5~10分加温、ウェーブを強く引っ張ったりせずに、ウェーブを押し戻した状態で加温してください。
  9. アイロン操作

毛髪の損傷度によるPPT希釈の目安 毛髪の損傷の度合いによってPPTを水で薄めてご使用ください。

損傷度PPT
1. 極度の損傷毛(ブリーチ毛)原液
2. 重損傷毛(カラーとパーマ)2倍液
3. カラーまたはパーマ3~5倍液

※以上はあくまでも目安ですので、毛髪の状態・施術段階・箇所等により調整してください。